WRAYCAM-LEO取扱説明書MANUAL_LEO

1. はじめに

WRAYCAM-LEOシリーズは、トリガ機能を搭載したUSB3.0カメラです。

1.1 カメラの特徴

WRAYCAM-LEOシリーズは以下のような特徴を備えています。

  • SONY製Exmor高性能CMOSセンサ登載
  • 2段階ノイズリダクションテクノロジー
  • 超高感度・低ノイズ
  • 0インターフェース(USB2.0プロトコルと互換あり)
  • プレビューと画像処理が可能なアプリケーションソフトウェアMicroStudioとSpectmanが付属。ネイティブC / C++、C# / VB.Net、DirectShowとTwain APIをサポートするSDKも提供(Windows / Linux / Mac OSX)
  • 外部トリガモード、トリガ出力、フリーランモードあり
  • ROI、フリップ、ビット深度切り替えなどの機能あり
  • カメラをワークサイトに取り付けたままでファームウェアのアップグレードが可能
  • 極めてコンパクトなサイズ・軽量
  • カメラハウジングの各側面に装備されたM3ネジ穴により、様々な環境にカメラを組み込むことが可能

1.2 カメラの仕様

現行取扱機種WRAYCAM-LEO310の使用は以下表のとおりです。

 モデル名                  WRAYMER-LEO310
センサーモデルSony Exmor Pregius(IMX265)
センサーサイズ1/1.8インチ (7.07 x 5.30 mm)
ピクセルサイズ3.45 x 3.45 μm
フレームレート55.0 fps@2048×1536

 

115.0 fps@1024×768

ダイナミックレンジ75dB
信号対雑音比40dB
感度1146mV (1/30s)
ダークカレント0.15mV (1/30s)
ゲイン1倍〜50倍
露出時間15μS〜15S
シャッターグローバルシャッター
ビニングソフトウェアビニング 2×2, 3×3, 4×4
データインターフェースUSB3.0 (USB3.1 GEN1)
デジタル I / Oフォトカプラ絶縁入力:1系統
フォトカプラ絶縁出力:1系統

 汎用I/O(GPIO,非絶縁):1系統 ※入力or出力をソフトウェアで設定可能

データフォーマットRAW8 / RAW12 / RGB8 / RGB24 / RGB32 / RGB48
電源USB3.0バスパワー
消費電力< 3.5W
温度動作温度: -10〜50°C

保管温度:-30~70°C

湿度20%〜80%、結露ないこと
寸法33 x 33 x 33 mm
重量70g
レンズマウントCマウント
ソフトウェアMicroStudio(Windows用) / Spectman for Windows / Spectman for Mac / SDK
オペレーションシステムWindows / Linux / MacOS / Android

 1.3 量子効率

WRAYCAM-LEO310のセンサー量子効率グラフです。